きっぷの使い方
「北のまち・旅きっぷ」(旧俺の旅、北のまちきっぷ)の使い方
~自分の旅を決めてみよう~

このセット券は、高速バスとフェリーをそれぞれ1回ずつ使って、北東北(岩手・青森)と北海道の6都市を1周できるものです。
「使い方」を参照して、自分なりの旅を創ってみましょう。

① 出発日と旅行する日程を決めましょう!

このセット券は有効期間が長く、最初と最後の便が有効期間内であれば利用する方が自由に日程を決められます。
弾丸ツアーで最短期間で回るもよし、有効期間を目いっぱい使いきるのもよし。決めるのはアナタ次第です。

② 出発場所を決めましょう!

今回のセット券の出発地点は盛岡・青森・八戸・札幌の4ヶ所です。
岩手県の盛岡市?青森県の青森市?八戸市?それとも北海道の札幌市?
回る方向も考えてスタート場所を決めましょう。

③ 右回りルートか左回りルートかを決めましょう!

このセット券の最大の特徴が回る方向を決めることです。
スタート地点から右回り(時計回り)か左回り(反時計回り)のどちらか一方向のみで使用できます。
各路線・航路のバス・フェリーはそれぞれ1回のみ利用可能。
したがって「バック禁止!!」です。

④ 乗車前に予約を取っておけば、なお安心!

6路線・航路の内、そのままバスに乗車できるものが3つ、乗車・乗船前に窓口で手続きが必要なものが3つあります。
手続きが必要な路線は、事前に予約を取っておけば、当日空席があるかどうか気にしなくとも良いのでなお安心です。
予約なしだと当日満席で乗れない(泣)ケースもありますので、事前予約をおすすめします。

 

窓口での手続きが必要な路線

A) 八戸~苫小牧間 シルバーフェリー(予約制)

予約TEL:0120-539-468

(平日9:00~18:00、土曜9:00~12:00)

※土曜は3/1~8/31のみ営業

B) 札幌~函館間 高速バスはこだて号(予約制)

予約TEL:011-231-0600

(全日7:00~18:00)

C) 青森~函館間 津軽海峡フェリー(予約制)

予約TEL:函館支店0138-43-4545、青森支店017-766-4733

(全日9:00~18:00)

 

直接バスへ乗車可能な路線

D) 盛岡~八戸間 高速バス八盛号

E) 盛岡~青森間 高速バスあすなろ号

F) 苫小牧~札幌間 高速バスとまこまい号

⑤ セット券を買ってスタートです!

区間 名称 所要時間 運行回数(片道) 運行会社 詳細はこちらから(各社Web)
盛岡⇔八戸 高速バス・八盛号 約3時間 2 岩手県北バス・南部バス http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/1162/
八戸⇔苫小牧 シルバーフェリー 約7時間15分 4 川崎近海汽船 http://www.silverferry.jp/schedule/
苫小牧⇔札幌 高速バス・高速とまこまい号 約2時間 27~29 北海道中央バス・道南バス http://www.chuo-bus.co.jp/highway/index.cgi?ope=det&n=20&o=1&t=150
札幌⇔函館 高速バス・高速はこだて号 約6時間 8 北海道中央バス・北都交通・道南バス http://www.chuo-bus.co.jp/highway/index.cgi?ope=det&n=0&o=1&t=129
函館⇔青森 津軽海峡フェリー 約3時間50分 8 津軽海峡フェリー http://www.tsugarukaikyo.co.jp/timetable/timetable_route1/
青森⇔盛岡 高速バス・あすなろ号 約3時間 4 岩手県北バス・弘南バス http://www.iwate-kenpokubus.co.jp/archives/508/
函館市内 津軽海峡フェリーシャトルバス 約30分 5~6 函館帝産バス http://www.hakotaxi.co.jp/shuttlebus/ferry.shtml
青森市内 津軽海峡フェリーシャトルバス 約15分 6~7 青森観光バス http://www.tsugarukaikyo.co.jp/terminal/aomori_access/
八戸市内 シルバーフェリーシャトルバス 約25分 1~2 南部バス http://www.silverferry.jp/boarding_guide/